山とか写真とか

写真が好きでよく山に登っています。季節それぞれの良さを感じながら歩くのが好きです。

フルーツサンド

たまにフルーツサンドが食べたくなります。

 

たっぷりの生クリームに大きなフルーツがサンドされているやつ。

 

少し前に流行ったパンケーキとは違ってフルーツが摂れるところも嬉しいですね。

 

同じ店でも季節によって入っているフルーツが違ったりするので、そこも楽しみ。

 

見た目が可愛くて味も美味しいって最強じゃないですか?

 

f:id:hiiro1017:20200802121412j:plain

京都 イノダコーヒ

 

 

 

大好き! フルーツパーラー (タツミムック)

大好き! フルーツパーラー (タツミムック)

  • 発売日: 2014/07/31
  • メディア: ムック
 
サンドウィッチと喫茶の時間

サンドウィッチと喫茶の時間

  • 作者:川口 葉子
  • 発売日: 2020/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

登山再開! 釈迦ヶ岳③ 2020.5.23

前回の続き。

 

yamatokasyashintoka.hatenablog.com

 

 

 

猫岳から羽鳥峰まで行って下山予定。

 

羽鳥峰のこと、最初は"はとりみね"だと思っていました。正しくは"はとみね"と読むのですね。

 

 

大きなシロヤシオがちらほらあります。

f:id:hiiro1017:20200711230455j:plain

 

またガスが出てきました。というよりは、自分がガスの中に突っ込んでいるという表現の方が正しいでしょう。

f:id:hiiro1017:20200711230459j:plain

 

良い雰囲気の写真が撮れるのでガス大歓迎です。

f:id:hiiro1017:20200711230503j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230506j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230510j:plain

 

 

f:id:hiiro1017:20200711230515j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230519j:plain

 

稜線歩きから森に入ります。

f:id:hiiro1017:20200711230523j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230527j:plain

 

羽鳥峰。

f:id:hiiro1017:20200711230530j:plain

 

 

風が強い。

f:id:hiiro1017:20200711230539j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230542j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230546j:plain

 

一部に光が当たって綺麗です。

f:id:hiiro1017:20200711230550j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230553j:plain

 

 

下山します。

f:id:hiiro1017:20200711230601j:plain

 

すごく歩きやすい道。

f:id:hiiro1017:20200711230605j:plain

f:id:hiiro1017:20200711230609j:plain

 

すっかり晴れて初夏の陽気です。

f:id:hiiro1017:20200711230612j:plain

 

緑の中に咲くヤマツツジ

赤色がパッと目を引いて印象的です。

f:id:hiiro1017:20200711230616j:plain

 

 

ちょうど良い光も入ってます。

f:id:hiiro1017:20200726154158j:plain

f:id:hiiro1017:20200726154202j:plain

f:id:hiiro1017:20200726154208j:plain

f:id:hiiro1017:20200726154212j:plain

f:id:hiiro1017:20200726154216j:plain

f:id:hiiro1017:20200726154221j:plain

 

 

f:id:hiiro1017:20200726154154j:plain

 

地味に長い駐車場までの舗装路を歩いて終了。

三ヶ月ぶりの登山を満喫出来ました。

 

全然登っていなかったので体力低下を心配していましたが、案外楽に登ることが出来たので良かったです。

 

山って良いなと改めて思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

『三人屋』 原田ひ香

  

f:id:hiiro1017:20200726152719j:plain

お年寄りの多いラプンツェル商店街で、「ル・ジュール」が再開店した。
時間帯によって出すものが変わるその店は、街の人に「三人屋」と
呼ばれているが、店を営む三姉妹は、そのことを知らない。
近所に住むサラリーマンは三女にひと目ぼれ、
常連の鶏肉店店主は出戻りの幼なじみにプロポーズ、
スーパーのイケメン店長の新しい恋人はキャバ嬢で!?
ひとくせも、ふたくせもある常連客たちが、今日も飽かずにやって来る……。
心も胃袋もつかむ、おいしい人情エンターテインメント!

 

 

 

三人姉妹が朝、昼、夜とそれぞれの形態で営業する店「ル・ジュール」。

 

あらすじと表紙の雰囲気から柔らかい話を想像して読んだら、思いのほかドロッとした部分もあり、ふんわりグルメストーリーを求める人には合わないと思います。

私はそんなふんわりグルメな話を求めてましたが、途中から気持ちが切り替わりました。

 

章ごとに男性登場人物視点を主な軸として物語が進んでいきます。

 

正直、男性陣にあまり魅力を感じないけど、それが人間らしさといえば納得もできるかな。

 

 

三女、朝日が担当するモーニング
次女、まひる讃岐うどん
長女、夜月のスナック

 

どれも行きたい!

うどんの描写が一番美味しそうでした。

 

時間で出すものが変わる店は意外とあるかもだけど、こんな店があれば通いたいですね。

 

 

 

三人屋 (実業之日本社文庫)

三人屋 (実業之日本社文庫)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村